雲のやすらぎで快適な眠りを|腰痛も改善できる

歯の健康を守る

小さい子どもから高齢者も使用可能

今や世界中で多く利用されているものとして歯磨剤があり、小さい子どもからお年寄りまで使用することが出来るものです。歯磨剤はどういった効果があるのかと言うと歯の審美性が挙げられ、虫歯などの予防のみならず綺麗な白い歯を維持することが可能です。昔に比べて虫歯になる子どもは増えており、特に6歳以下の子どもの虫歯が増えているといえるでしょう。6歳以下の子どもでも使用することが出来る歯磨剤ですが、使用方法には注意することが大切です。歯磨剤を使用する場合は2歳未満の子どもであれば極少量となっており、3歳から5歳までは5mm以下、6歳から14歳であれば1cm程度の量となっています。

フッ化物濃度に応じて量を調整する

歯磨剤のフッ化物濃度は少量であれば500ppmとなっており、1cmは1,000ppm配合されています。歯磨剤を使用する場合、小さい子どもは吐き出しが上手く出来ないので吐き出しが出来るようになってからと考える人もいますが、ジェル状や泡状、スプレーで使用出来る液状のものもあるため年齢に応じて使用すると良いでしょう。また、泡状の場合は同じ量でもフッ化物濃度が異なるので、使用する際には注意が必要になります。例えばジェル状の場合、極少量を使用した時はフッ化物濃度が500ppmになっていますが、泡状だとその倍の1,000ppmになります。ですから、使用する際には年齢に応じた量を使用するのではなく、フッ化物濃度に応じて量を調整すると上手く使用していくことが出来るでしょう。